歳をとってくるとどうしても性欲は落ちてきてしまいます。

つまり、

・性欲が強いほど、肉体的には若い

と言えます。

ドラッグストアなどで、いわゆ精力剤というものが売られています。

確かに効果があります。ですが、値段が高いですよね。もっと手軽に性欲を高めることができたらいいのに…。

こう思うのではないでしょうか。

さて、青汁はどうなのでしょう。性欲を高めるのに効果があるのでしょうか?

性欲を高めるの食材とは?

精力を高めて性欲アップに効果があると言われている食材は、いろいろあります。

・山芋、オクラ、納豆などのネバネバ食材
・うなぎなどのスタミナ食材
・ニンニクなどの血流アップ食材
・アスパラ、アボガド、バナナなミネラルを豊富に含む食材
・牡蠣など亜鉛を含む食材
・ゴマなどビタミンEを含む食材
・etc

これらは、スタミナアップだけでなく、いわゆる健康のためにもよい食材です。

積極的に普段から摂ることで、アンチエイジング効果もあります。

青汁は精力剤の代わりになる?

青汁に、性欲を高める食材をたくさん入れたとしてら効果があるのでしょうか?

確かに、効果はあると思います。しかし、もはや精がつく素材ばかりで作ったものは、青汁とは呼べません。

一般的に市販で販売されている青汁は、精力アップのために作られているわけじゃありません。

ですので、青汁は、精力剤の代わりにはなりません。

でも、青汁を飲むことで健康的な身体を維持できるのであれば、精力を高めて性欲の維持やアップにもよい影響を与えることは確かです。

精力をアップさせる方法(男性の場合)

精力をアップさせる方法ですが、一番効果があるのほあ、いわゆる精力増強剤でしょう。ただし、効果があり過ぎるのは、副作用もある可能性があるので説明書通りに飲まないといけません。

また、普段から運動をしっかりやり、食事を規則正しく摂り、睡眠を十分に摂るようにして、健康維持に努めることが、精力のアップにつながります。

あと、タバコやお酒などの嗜好品ですが、タバコはやめた方がいいです。そしてお酒は、飲んでもかまいませんが控えめの方がいいです。

タバコは、肺や心臓に負担をかけますし、お酒も飲み過ぎると肝臓や胃を傷めます。

また、オナニーはし過ぎてはダメです。できればなるべくしない方がいいです。

ただし、エッチの動画や本を見たり読んだりするのはかまいません。むしろ、脳が刺激されて勃起しやすくなるので、下半身の増大効果があります。

勃起回数は多すぎても疲れてしまいますが、全然しないとかえって下半身は衰えてしまいます。

適度に勃起することが、健康のバロメーターとなります。

まとめ

青汁を飲んだら性欲が高まるというのは、あきらかに間違いです。

ですが、青汁を飲むことが身体が健康になれば、結果的に下半身も健康な状態を保つことができるので、まったく性欲アップに効果がないわけではありません。

やはり、性欲アップに一番効果があるのは、異性に好奇心を持ち続けることではないかと思います。

逆に言えば、異性に興味がなくなってしまうと、性欲は落ちてしまいます。

性欲があるということは、生命力があるってことです。

そして、生命力を持ち続けるために大事なことは、歳をとっても新しいことにチャレンジをしたり、生きがいを見つけたりして、人に好奇心を持ち続けることです。