野菜の中にはたくさんの酵素が入っています。

では、今人気の青汁はどうなのでしょう。青汁の中には酵素がいっぱい入っているのでしょうか?

酵素

酵素とはなに?

酵素って言葉、ここ何年かで急激に広がりました。

10年前なんてほとんど聞いたことがありませんでしたけどね。

でもこの酵素っていったいどんなものなのでしょうか。なんかいろいろ説明されているけど、よくわからないという人が多いのではないでしょうか。

あらためて酵素とは何かを簡単に言うと、

「消化や代謝などを助ける働きをするタンパク質」

のことです。

私達人間は、食べ物を食べて消化して、それをエネルギーに変えています。この時に、その働きを助けてくれるのが酵素です。

だからめちゃくちゃ重要な物質です。

で、人の体内でこの酵素は作られているのですが、その量はある程度決まっているので、歳をとるとどんどん減ってきます。だから歳をとり酵素が減ると、消化や代謝する力が弱くなるってことです。

そしてこの酵素を外から取り入れるために、野菜などから酵素を摂ることができます。

野菜などの酵素を取り入れることで、体内で作られる酵素を節約することができるんです。

つまり、実質的に酵素量を増やせるってことです。

そのために、酵素を摂りなさい、生野菜を食べなさいと言われているんです。

青汁に酵素は含まれているのか

生野菜から自分で青汁を作ってすぐに飲めば、酵素は当然、含まれています。

ですが、時間が経過すると酵素は減ってしまいます。

では、市販の青汁はどうでしょうか。

基本的に酵素は熱に弱いので、青汁を作る過程で熱を加えてしまうと、酵素は減ってしまいます。

もし、熱を加えないやり方で青汁を作っているなら酵素は生きていると考えられます。

ですが、酵素がどのぐらい生きているかという数字が発表されていないので、酵素がどれぐらいあるかはわかりません。

また、市販の青汁の中には、酵素入りと謳っているものがあります。そういうものは、酵素が入っているはずです。

ただ、酵素を摂りたいなら、青汁よりもとりたての生野菜を摂る方がいいでしょうね。市販の青汁で摂るよりも確実ですし、酵素もいっぱい摂れますし美味しいですから。

まとめ

結論としては、酵素を青汁で摂ることが可能です。

1つは、自分で作ること。もうひとつは市販の青汁で熱処理を加えていない青汁などを選ぶことです。

ですが、個人的には酵素を摂るなら、野菜を買ってきてそのまま食べてしまうか、買ってきた野菜をジュースにしてしまって摂るのが確実だと思います。

ただし、そういう時間がない方は青汁から酵素をとるのもありです。