野菜は認知症に効果がある

まず、青汁を飲めば認知症に効果があるというのは、本当です。

でも、それって当たり前なんです。

なぜなら、青汁に含まれている素材はほとんどが野菜だからです。

野菜に含まれている成分のビタミンCやEには抗酸化作用があります。また、繊維質をたっぷり摂ることができるので、腸内環境もよくなりますので病気への免疫力も高くなります。

青汁と野菜の両方を摂る

青汁が野菜が入っているとは言っても、野菜そのものではありません。

また、青汁には特定の野菜しか入っていませんし、たいていは、粉末やサプリなので酵素自体はほとんんどありません(一部酵素入り青汁もありますが)。

ですので、もし認知症の予防のために野菜を摂るなら、普通に料理された野菜や生野菜をたっぷり摂り、補助的に青汁を飲むのが一番よいと思います。

私自身も青汁を飲んでいますが、あくまでも補助的に飲んでいるだけです。

野菜をしっかり食べ物として摂ること、これが基本です。

青汁を飲めば絶対に認知症にならない?

認知症になる要因は、食べ物だけではありません。

老化、遺伝、喫煙、病気など様々あります。

ですから、青汁を飲めば認知症にならないということはありません。

認知症を予防したいなら、青汁を摂ることだけでなく、生活全般について健康的な生活を送るようにする必要があります。

まとめ

青汁は認知症に効果がありますが、過信してはいけません。

多くの認知症予防の方法の1つとして考えればよいでしょう。