青汁を購入しようと思う時、困ることがあります。

それは、青汁の種類がたくさんあり過ぎるので、どれを選んでいいのか迷ってしまうことです。

選択

販売されている青汁は何種類ぐらいあるのか?

青汁はインターネット通販でも、ディスカウントストアやドラッグストアでも販売されていて、どこでも手に入ります。

しかも、CMで有名な青汁から、どこか名前も聞いたことがないようなメーカーのものなでたくさんあります。

「いったい何種類ぐらいあるのだろうか?」

こういう疑問を持つかもしれません。

実は、ざっくり言えば、100種類を超えています。ただ、200種類はないとは思いますが。

なぜなら、売れている青汁は、そのまま売られていますが、売れなくなるといつの間にか、店頭から姿を消してしまうというのもありますからねぇ。

青汁の選び方について

市販されている青汁を飲もうと思った時、まず困るのは、「何を選べばいか?」ではないでしょうか。

でも、100種類もあったら、どれがいいのかなんてわかる人は、ほとんどいないでしょう。

しかし、100種類あっても実際に手に入りやすいものは、限られてきます。

ですから、店頭販売されているものやネットで買えるものを考慮すれば選択肢はせいぜい10種類程度しかないと思います。

では、どういう基準で青汁を選ぶといいのでしょうか。選ぶ基準としては、下記のようになります。

値段

品質
信頼度
体験

この5つすべてを確認して購入すれば、あとで後悔することはまずありません。

この5つのうち、どれを重視するかは個人の価値観しだいです。

味を重視するなら、実際に飲んでみるのがいいですね。

また、値段重視なら、ネットなどで調べるとすぐわかります。

品質や信頼度に関しては、クチコミや会社の大きさや業績の伸びんどが参考になるでしょう。

私のおすすめの選び方は、何種類かの青汁を実際に飲んでみることです。

飲んでみることで、味がわかりますし、継続すれば効果もある程度、わかります。

特にインターネットで買えるような青汁は、お試し用などがあるので、これを利用して青汁を安く買って、飲んでみた自分の舌で味わうといいと思います。

単にデータを比較しただけでは、わからないことを知ることができます。

おすすめの青汁はどれか?

1位 極の青汁
2位 えがおの青汁満菜
3位 ふるさと青汁

1位の極の青汁は、サントリーの作った青汁です。

サントリーですから、信頼度安心度は抜群ですね。まあ、大手だから100%安心というわけではありませんが、少なくとも名前も聞いたことがないメーカーよりは、安心なのは確かです。

嫌なにおいはなく、抹茶のような味で飲みやすい味となっています。

費用は税別で1ヶ月3600円なので、1日分で120円ほどです。

今まで1億杯以上売れているということで、人気もある青汁です。

2位は、えがおの青汁満菜。

九州産の「大麦若葉」を主原料にした青汁です。また、沖縄の長命草を使っています。この長命草は、古くから沖縄では食べられている野菜で、長寿日本一に寄与している野菜です。

味は、抹茶のような味でさっぱりしていて渋みが少しあります。

値段は、税込みで1ヶ月3240円です。ただし、定期購入なら14%安くなります。

まとめ

青汁はたくさんあるので選ぶのに困るって人は多いと思います。

ですが、実際に1つずつ調べていくと、気になる青汁が出てくるはずです。

そのような青汁を何種類か選んで、試し飲みして選ぶのが一番いいです。

単にクチコミやランキングだけで選んでしまうと、

「効果が感じられない」とか「思ったよりも美味しくない」ということになり、買ったことを後悔してしまうからです。

ですので、満足できる青汁に最初から出会うことは、難しいかもしれません。

ですから、あきらめる必要はないですし、選ぶプロセス自体を楽しめばいいと思いますよ^^。