通販トラブル

青汁で定期購入する方は結構いると思います。

ですが、中には「解約ができずに困っている」

こういう人が結構いるようです。

解約できない理由は大きくは3つ

1、青汁の販売会社が悪徳で解約させないようにしている
2、解約条件があり、そのために解約ができない
3、解約のやり方自体が間違っている

です。

解約できない場合の対応について

1、青汁販売会社が悪徳な場合

クーリングオフ期間であれば、無条件に解約ができます(クーリングオフは訪問販売なら可能だが、通信販売はできない)。基本的に青汁定期購入なら8日間です。

やり方については、下記

国民生活センター クーリング・オフ
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.htmlまで

クーリングオフが過ぎていたら、販売会社に連絡して解約手続きをするのですが、それができない時は、消費者生活センターに連絡します(188)。

消費者ホットライン(全国統一番号)
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

たぶん、悪徳な会社の場合は被害者は他にもいるので対応方法もすぐにわかるはずです。

また、通販で定期購入したらクーリングオフはできませんが、販売会社が返品特約を明示しないといけないことになってます。もし、明示してない場合、8日間以内の返品が可能が可能です。

元々、通販ではクーリングオフの規定がないですが、あまりにもトラブルが多いために、規定が変わりました。

2、解約条件があり解約ができない場合

クーリングオフ期間や販売会社が規定する返品可能期間であれば、クーリングオフや返品をして解約できます。

クーリングオフ期間や返品可能な期間が過ぎてしまった場合、解約条件を満たすまで解約できません。

一般的に通販による青汁の定期購入なら、最低利用回数が決まっています。ですのでこの回数は利用しないとダメです。もし、利用回数になっても解約できないなら消費者生活センターに連絡します。

3、解約のやり方自体が間違っている

解約のやり方を間違えているために解約ができないことがあります。

解約のやり方は販売している会社によって違います。電話受付がなくてメールやウェブサイトからしか解約手続きがない場合もあります。

ですので、解約する場合は解約方法についてちゃんと確認するようにします。

また、青汁の定期購入をする場合には解約条件や解約方法についてあらかじめチェックしておくといいです。

一生ずっと青汁の定期購入を継続する人はたぶんいないと思いますので、すぐに解約しなくても解約のやり方をチェックしておいて損はありません。

青汁の定期購入でトラブルに会わないための注意点

青汁の定期購入でトラブルに会うと、解決のためにいろいろと面倒ですので、嫌な気分になります。

ですので、このような目に会わないためにも以下の点に注意しておくといいです。

1、信頼できる会社かチェック(口コミ、会社の大きさや認知度など)して定期購入する
2、青汁を買う前に定期購入を解約する方法や定期購入の購入条件について確認する
3、解約申し込みした場合、どのぐらいの期間で適用されるかを確認する
4、不安が少しでもあったら青汁を定期購入をしない
5、定期購入せずに単品やまとめ買いで購入をする
6、返品する場合にかかる費用についてチェックする(送料負担など)
7、広告内容について保存しておく(ウェブサイト保存、写真を撮るなど)

まとめ

ダイエットや美容のために、せっかく青汁を買ってもそれが思った通りの効果が出なかったということは、あります。

そんな時には、すぐに解約したいですよね。

トラブルもなくスムーズに解約ができたら、またその販売会社から買う可能性はあります。でも、解約がなかなかできなくてトラブってしまうと嫌な気分になるので、二度とその販売会社からは買いたいとは思わないでしょう。

だからこそ、定期購入をする時には注意しないといけません。

信頼ができる販売会社でない限りは、定期購入せずに単品購入するのがおすすめです。