青汁の飲み方と効果

青汁を飲む目的は人それです。

多くの人は、健康のため、美容のため、そしてダイエットのために青汁を飲んでいます。

では、青汁でダイエットをする場合、どのように飲めば効果があるのでしょう?

普段の食事に、青汁を追加する。

これが一番楽な飲み方です。

健康や美容のためならこれでもよいですが、痩せることが目的ならこの飲み方は、効果はあまりありません。

なぜなら、単に青汁の分だけ摂取カロリーが増えただけだからです。

ダイエット効果を高めるには、飲み方にも工夫が必要です。

痩せる効果が高い飲み方とは?

痩せるために必要なこと、それは、

「摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすこと」

です。

そのための方法として、例えば、運動をしたり、ダイエットサプリを飲んだり、断食をするなどの方法があります。

では、青汁の場合はどうするのがよいかですが、青汁だけで消費カロリーを増やすことは無理なので、摂取カロリーを減らすのに利用します。

まず、青汁を食前の30分~1時間前に飲みます。

おなかが減っている時に、青汁を飲んでしばらくすると、お腹の減り具合が解消されます。

そのために、食事の量を少なくしても満足感のある食事をすることができます。

結果的に、摂取カロリーを減らすことができるんです。

おすすめは、朝もしくは夜、または朝と夜の両方で、青汁を食前に飲むことです。そして、意図的に食事の量を減らすようにします。

例えば、ご飯を1杯食べていたら、その量を3割ぐらい減らしたりします。

こういう工夫をすることで、食べる量を比較的楽に減らすことができます。

さらにダイエット効果を上げるには

青汁を食前に飲むことで、摂取カロリーを減らすことができますが、もっとダイエット効果を上げてすぐに体重を減らしたいのなら、青汁を飲むだけでなく運動をしたり、プチ断食を組み合わせたり、炭水化物の量を減らすことがおすすめです。

どの方法がよいかは、体質や好みによります。

もし、運動をすると痩せやすいのなら運動を選べばよいし、糖分を減らすと痩せやすい体質なら、炭水化物を制限するといいです。

自分に合ったものを選べば、高い効果が得られます。

まとめ

青汁のダイエット効果を高めるには、飲み方が大事です。

普通に飲んでもたぶん効果はほとんどありません。もし、あるとしたらよほど不摂生な食事をしている場合だけです。

私の場合は、糖分を控えてカロリー制限するのがもっとも痩せます。運動ではあまり痩せません。

もし、自分に合ったダイエット法がわからない人はいろいろ試してみるといいでしょう。

試してみると、自分に合った痩せる方法が見つかります^^。