二日酔い

12月になると忘年会シーズン、そしてお正月は新年であいさつ回りやらでお酒を飲む機会も増える時。

「あぁ、二日酔いだ~」なんてことも結構多い時期かも知れません。

また、お酒が弱い人だとワインを1杯飲んだだけでも気分が悪くなることも…。

お酒は美味しいものですが、飲み過ぎたりするとあとはつらい二日酔いが待ってます。

・青汁が二日酔いに効果がある

誰が言ったのか知りませんが、このような話しを聞いたことがありませんか?

でも、これって本当なのでしょうか。

青汁を飲んだら二日酔いが改善するのか?

先に答えを書くと青汁を飲むと二日酔いは改善します。

その理由は、青汁にアルコールを分解してくれる成分が入っているためです。

大麦若葉、明日葉、ケールにはいずれにも「ナイアシン」という成分が入っています。

このナイアシンは、ビタミンB3とも呼ばれアルコールを分解したり、二日酔いになりにくくしてくれます。

また、大麦若葉、明日葉、ケールに入っているビタミンB1はお酒を飲むと大量に消費されますし、ビタミンCはアルコールの分解を助けます。

大麦若葉、明日葉、ケール、最も二日酔いに効くのはどれか?

青汁に主によく使われるのは、大麦若葉、明日葉、ケールです。

では、この3つの中ではどれが最も二日酔いに効果があるのでしょうか。

ナイアシンは、明日葉に最も多く含まれてます。

ビタミンB1は、明日葉に最も多く含まれてます。

ビタミンCは、ケールに最も多く含まれています。

この3つを基準して考えた時には、明日葉が含まれている青汁がもっとも二日酔いに効果が高いと考えられます。

しかし、二日酔いの予防や改善のため青汁を選ぶ時、あまり意識しなくてもよいと思います。

なぜなら、どんな青汁でも二日酔いの予防と改善の効果はあるし、明日葉が含まれている青汁でも量が少なければ、大麦若葉の青汁の方が二日酔いに対して効果が高くなります。

つまり、二日酔いの効果が低い青汁だとしても飲む量を増やせば効果は上がるんです(もちろん、増やせば増やすほどいいというわけではないですが)。

まとめ

青汁は二日酔いの予防、改善のどちらにも効果があります。

お酒を飲む前に飲んでおくといいでしょうね。

二日酔いの予防や改善にはウコンがいいって言われますが、ウコンをわざわざ購入しなくても青汁で済むのなら安いものです。

また、普段から青汁を飲んでおくとわざわざ二日酔いの予防のために青汁を飲まなくてもいいってことになりますね^^。