ジューサー

野菜ジュースや果物のジュースを作る時には、ミキサーやジューサーを使います。

ミキサーやジューサーの価格は、安いものなら数千円ぐらいで買えるのでとても手頃です。

しかし、中には数万円もするジューサー(いわゆるスロージューサー)も売ってます。

野菜ジュースや果物のジュースを作る時には、スロージューサーじゃないとダメなんでしょうか?

スロージューサーとは?

スロージューサーとは、回転数が遅いジューサーです。普通に売っているジューサーやミキサーは高速回転することで、野菜や果物を粉砕してジュースにします。

しかし、スロージューサーの場合は、野菜や果物を粉砕するのではなく、絞り出してジュースにするんです。

そのため、以下のような特徴があります。

・空気が入りにくいので酸化しにくい
・摩擦による熱が発生しにくいので酵素が壊れにくい
・葉っぱのようなやわらかいものでもジュースにできる
・回転がゆっくりなので音が静か
・ジュースだけでなくスムージー、フローズンデザートなども作れる、
・刃がないので、お手入れが楽
・etc

野菜ジュースや果物ジュースを作る場合、スロージューサーを使わないとダメなのか?

野菜ジュースや果物ジュースは、どのようなミキサーやジューサーを使っても作れます。

なので、スロージューサーを使わないとダメということはありません。

ただし、作られるジュースの品質には差が出てしまいます。

「酵素をたっぷり摂りたい、なめらかな舌触りのジュースが飲みたい」

このように思うのであれば、スロージューサーがおすすめです。

スロージューサーは、それほど売れてない

スロージューサーの特徴を見ると、明らかに普通のミキサーやジューサーよりもいいです。

しかし、スロージューサーは、あまり売れてません。

その理由は、ずばり、価格が高いからです。

普通のミキサーやジューサーが数千円ぐらいから買えてしまうのに、スロージューサーは数万円以上します。

もちろん、性能がいいのですからジュースを作るならスロージューサーの方がいいのですが、庶民からすると高価過ぎるのでちょっと手が出ないんです。

ただし、健康志向の人、美容への関心が高い人は、多少価格が高くてもスロージューサーを購入しています。

確かに毎日使うのであれば、できるだけ品質が高いジュースの方がいいでしょうからね。

おすすめのスロージューサー

特にはないのですが、スロージューサーは国産のものよりも海外のものが有名だし売れているようです。

というのは、スロージューサーは大量にジュースを作れます。

欧米ではジュースをよく飲むのでスロージューサーの需要が高いんです。

有名なスロージューサーは、

・バイタミックスのスロージューサー
・ヒューロムのスロージューサー
・クビンスのスロージューサー

日本のメーカーでは、パナソニックやシャープなどから販売されています。

まとめ

一般的には、野菜ジュースや果物ジュースを作る時にスロージューサーを使う必要はありません。安いミキサーやジューサーでも十分です。

しかし、ジュースの品質にこだわりがあったり、お金に余裕があるのなら高価なスロージューサーを買う方が満足できるジュース作りができます。

私が所有しているのは、1万円以下のミキサーです。作ってもすぐに飲むので酸化は気にしてないし、それほど手作りジュース作りの品質にこだわりがないのです^^。