野菜

今年の年末、野菜の値段が高いです。その理由は、台風と短い日照時間のためと言われています。

なので家計の財布を預かる主婦の人は頭を悩ませているのではないでしょうか。

野菜って高ければ買わないで済ませるってわけにもいきませんからね。

今回は、どうすればこの現状を乗り切れるのかについてご紹介します。

1、特売を利用する

特売を利用することで、野菜の高騰を乗り切ることができます。

スーパーなどでは、野菜不足により野菜の売れ行きが落ちています。しかし、仕入れ値段よりも安くすることはできません。

そのため、特定の野菜の価格だけを下げることで何とか人を呼び込みたいと考えています。

ですので、特売を結構やっています。この特売を利用すると野菜を安く買うことが可能です。

特売がいつやっているかを知るには、新聞の「チラシ」が確実です。新聞をとっていない人は、ネットで公開されているチラシを見るといいでしょう。

2、冷凍野菜を利用する

冷凍野菜を利用することで、野菜の高騰を乗り切ることができます。

今、冷凍野菜はいろんなものがあります。

・いんげん
・ブロッコリー
・オクラ
・ほうれん草
・ソラマメ
・カボチャ
・里芋
・しいたけ
・菜の花
・パプリカ
・人参
・芽キャベツ
・etc

結構、ありますよね。これだけあればいろいろな料理に利用ができます。

また、ミックス野菜を使うと料理の手間が省けます。

生の野菜に比べると味が落ちてしまうと思いますが、短期間であれば代用が可能です。

3、乾燥野菜を利用する

乾燥野菜を利用する<ことで、野菜の高騰を乗り切ることができます。

乾燥野菜とは、乾燥させた野菜です。水に入れることで戻すことができます。

乾燥野菜としては、

・人参
・大根
・ニンニク
・ホウレンソウ
・さつまいも
・カブ
・高菜
・キャベツ
・ネギ
・白菜
・ごぼう
・etc

乾燥野菜の料理法がわからない場合は、クックパッドや楽天レシピなどを利用すると便利です。

4、家庭菜園をする

家庭菜園をすることで、野菜の高騰を乗り切ることができます。

庭がある家なら家庭菜園で野菜を作れば、野菜を安い価格で手に入れられます。また、マンションであっても、ベランダなどを利用して育てられる野菜があります。

例えば、

・葉ネギ
・バジル
・ラディッシュ
・ミニトマト
・ゴーヤ
・ズッキーニ
・パセリ
・茄子
・オクラ
・etc

また、貸し農園などを利用すれば本格的な野菜作りも楽しめます。

趣味と節約の両方を手に入れられるので家庭菜園はおすすめです。

5、青汁を飲む

青汁を飲むことで、野菜の高騰を乗り切ることができます。

青汁は野菜の代わりにはなりませんが、野菜の量を減らす分だけ青汁を飲むことで必要な栄養補給が可能です。

例えば、いつも食べている野菜の量の3割ほど減らしてその代わりに青汁を飲むことで補えば、野菜にかかる費用を3割減らすことができます。

まとめ

野菜の値段が高い、対応策5選をまとめるとこちら。

1、特売を利用する
2、冷凍野菜を利用する
3、乾燥野菜を利用する
4、家庭菜園をする
5、青汁を飲む

野菜の高騰は本当に困ってしまいますね。

ただし、この状態がずっと続くわけではないと思うので、知恵を働かせてなんとか乗り切るしかありません。

また、今後もこのようなことはあるかと思うので家庭菜園はやっておくといいでしょうね^^。